Bix&Marki 駒沢4丁目ギター&語学教室

Bix & Marki プロフィール

ビックス&マルキ

ビートリックス(ボーカル&フルート)片桐 衛(ギター)が10年に渡るベルギーでの活動を経て、 2010年末より日本で活動するアコースティックデュオ。 フランス語による独創的なオリジナル曲を演奏。

音空間の隙間を生かした飾りのないサウンド。 ボサノバやジャズの雰囲気を繊細なヨーロピアンテイストで詩的なオリジナル曲へ昇華。
ささやく優しいフランス語と浮遊感のある不思議なハーモニーが、創造性溢れる淡い色彩の世界へ誘います。

これまでに6枚のCDと1枚のオムニバスCDを発売!
東京を中心に活動する一方、ライブツアーを行い日本各地で演奏。

Welcome to our LIVE !  Bienvenue !
サウンド ギャラリーで試聴出来ます。

Bix at paoillon

Beatrix Fife “Bix”


ストックホルム生まれ。幼年期をローマで過ごす。幼い時から3ヶ国語を話しピアノを習う。7歳の時、フランスのパリに移ってからフルートを始める。
オスロの大学へ進学後に絵画、演劇を始め、その後ニューヨークのオフブロードウェイでの演出アシスタント を経てブダペストの美術アカデミーでさらに絵画を学ぶ。90年オーストリアの絵画コンクールで入賞したのをきっかけに渡日。 京都にて書家田中心外主宰の「書インターナショナル」に参加。展覧会や音楽活動、ダンスや映像との複合パフォーマンスを行うなどして9年間を過ごす。 95年から99年まで、Marki、Michael Lazarinと共にパフォーマンスグループ「フィロクセラ」として活動。 97年、劇団「態変」音楽を担当、数公演を共にする。
99年、ベルギーに移る。ダンスパフォーマンスや絵画展覧会の他、ブリュッセルの音楽アカデミーでジャズピアノ、フルートを学ぶ。 2005年 ベルギーのエレクトロポップグループNEVEN に参加。2007年以降は Peter Clasen と共にBixmedard(ビックスメダール)として活動。 一方では、フランシュコンテ大学言語学修士を修了し、ブリュッセルにBLA語学スクールを開校、運営。 2010年夏より、再び活動の拠点を日本に移し Bix&Marki でフランス語のオリジナル曲を演奏。 絵画展も随時開催。 語学講師も行う。

Bix 絵画ウェブサイト www.beatrixfife.com

Marki in the train


片桐 衛  “Marki”


フォークソングの弾き語りからギターを始め、高校卒業後、山口武氏からジャズを習う。京都にてジャズギタートリオでライブ活動開始。
90年にニューヨークへ渡る。その後渡欧して、北はアイルランドから南はスペインやギリシャまで、1年以上放浪しながらストリートでギターを弾く。
帰国後、バイオリンの小林誠とジプシー風ジャズを演奏し、ブルーグラスのバンドなどにも参加。 95年から99年まで、Bix、Michael Lazarinと共にパフォーマンスグループ「フィロクセラ」 として活動し、音楽だけでなくダンス、映像、絵画、演劇的要素など交えたミクスチャーパフォーマンスを行い、ダンスパフォーマンスの音楽なども担当。
99年に再び渡欧。ブリュッセルで活動を続けながら2010年夏までベルギーに滞在し、ブリュッセル王立音楽院(コンセルヴァトワール)ジャズ科修士課程修了。 現在、東京を中心に Bix&Marki として活動。
東京世田谷にて駒沢4丁目ギター教室も開いている。


flags-en.gifEnglish flags-en.jpgfrançais